トップページ  >  移植基本情報  > 腎移植事典:基本編

腎移植事典:基本編

1. 腎不全の症状と末期腎不全の治療法

3. 末期腎不全の治療法と特徴

末期腎不全の治療法には、どのようなものがありますか?

末期腎不全の治療法としては、大きく分けて「透析療法」と「腎移植」の2種類があります。

「透析療法」は血液中から水・電解質及び老廃物を除去する治療法で、“血液透析”と“腹膜透析”があります。

「腎移植」は腎臓の機能のほぼすべてを補うことができる治療法で、“生体腎移植”と“献腎移植”があります。

末期腎不全の治療法には、どのようなものがありますか?

透析療法と腎移植では、治療においてどのような違いがありますか?

それぞれの治療法において、下記のような特徴があります。

透析療法と腎移植では、治療においてどのような違いがありますか?

透析療法と腎移植では、生活上の制限においてどのような違いがありますか?

それぞれの治療法において、下記のような特徴があります。

透析療法と腎移植では、生活上の制限においてどのような違いがありますか?

監修:東京女子医科大学八千代医療センター 泌尿器科 乾政志先生
http://www.twmu.ac.jp/TYMC/

お気に入り記事に登録