トップページ  >  移植コラム  >  ドクターコラム  >  いつもと異なる診療科を受診する時の注意 (その2:アレルギー)

田邉 一成先生 コラム

クシャミ、鼻水、じんま疹、皮膚のカユミ、花粉症など、アレルギー症状でお悩みの方も多いのではないでしょうか。

それほど気にならない程度であれば問題ないのですが、これらの症状もひどくなると病院に行ってお薬をもらう機会があるかと思います。その際、プログラフやグラセプター(タクロリムス)、ネオ―ラル(シクロスポリン)を服用中の方は、注意したほうがいいかもしれません。

グレープフルーツが、これらのお薬の効果に影響あることは既にご存じかと思いますが、同じように、移植治療以外でもらうお薬の中にも影響のある(または疑われる)ものが存在します。「影響がある」とは2つの意味があり、プログラフやグラセプター、ネオーラルの血中濃度を高めるまたは低下させることです。これら免疫抑制剤の血中濃度は、高くなり過ぎると腎障害を含めた副作用が発生し、低くなり過ぎると今度は拒絶反応の恐れが出てきますので、主治医が指定する濃度に保っておく必要があります。

アレルギー症状でもらうお薬の中で、こちらの一覧に示した薬は、免疫抑制剤の血中濃度に影響する可能性があります。もしこれらの薬剤を服用する場合には、念のため、主治医に相談の上、服用後にプログラフやグラセプター、ネオーラルの血中濃度を測ることをおすすめします。


 メディプレスの情報はあくまでも執筆時点での情報をもとにした専門医の一般的な意見としての参考情報です。それぞれの患者さんの状態や体調によって対応は大きく変わってきますのでご注意ください。ご自身の状況については、主治医や専門医の指示に従ってください。

お気に入り記事に登録

田邉 一成先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは