トップページ  >  移植コラム  >  ドクターコラム  >  免疫抑制剤の副作用:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決  Vol.2 【5】

後藤 憲彦先生 コラム

「腎移植前後の患者さんが抱く基本的な疑問」について、KDIGO(Kidney Disease:Improving Global Outcome(国際腎臓病予後改善機構)) が作成した国際腎臓病ガイドラインの視点から名古屋第二赤十字病院の後藤憲彦先生にご解説頂く"患者さんの疑問”解決 シリーズ第2弾。

第5回目の今回は『免疫抑制剤の副作用にはどの様なものがあるのでしょうか?また、副作用がおきた場合はどうすればいいのでしょうか?』というご質問に対してご回答、ご解説頂きました。


【質問5】 免疫抑制剤の副作用にはどの様なものがあるのでしょうか?また、副作用がおきた場合はどうすればいいのでしょうか?

【回答・解説】

副作用が起きた時には、有益性(症状の軽減)と有害性(急性拒絶反応)を秤にかける必要がでてきます。
新規糖尿病については、ステロイド、タクロリムス、エベロリムスに可能性があります。ステロイド減量やタクロリムスからシクロスポリンへの変更も考慮します。血糖降下剤内服やインスリンを一時的に使用することもあります。
脂質異常については、ステロイド、シクロスポリン、エベロリムスに可能性があります。スタチン投与を考慮します。
高血圧については、ステロイド、シクロスポリンに可能性があります。シクロスポリンの濃度調整に加えて、降圧剤を開始します。
骨塩量低下については、ステロイドの減量を考慮します。ビタミンDやビスホスホネートにより移植後の骨折が低下するかはわかっていません。
骨髄抑制については、ミコフェノール酸モフェチル、アザチオプリンに可能性があります。濃度を測定して減量を考慮します。
下痢や悪心および嘔吐については、ミコフェノール酸モフェチル、タクロリムスに可能性があります。濃度を測定して減量を考慮します。




メディプレスの情報はあくまでも執筆時点での情報をもとにした専門医の一般的な意見です。それぞれの患者さんの状態や体調によって対応は大きく変わってきますのでご注意ください。ご自身の状況については、主治医や専門医の指示に従ってください。



腎移植:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決 Vol.2 掲載予定内容(シリーズでお届けします) 

【質問1】移植後も糖尿病治療は必要なのでしょうか?また、移植後新たに糖尿病が発症することはあるのでしょうか?糖尿病にならない為にはどの様な対策をすればよいのでしょうか?

【質問2】移植後、血圧は毎日測定した方がいいのでしょうか?また、目標血圧はどれくらいでしょうか?

【質問3】移植後は、がんになりやすいのでしょうか?また、がんにならない為にはどうしたらよいでしょうか?

【質問4】腎移植後もリンの摂取を制限した方がよいのでしょうか?

【質問5】免疫抑制剤の副作用にはどの様なものがあるのでしょうか?また、副作用がおきた場合はどうすればいいのでしょうか?

【質問6】高尿酸血症を指摘されました。どのようなことに気を付ければよいでしょうか?

【質問7】小児移植の場合、免疫抑制剤により成長が阻害されることはないのでしょうか?

【質問8】移植後、いつ頃から妊娠してもよいのでしょうか?またその際、気を付けることはあるのでしょうか?(女性)

【質問9】移植後、子供が欲しい場合に気を付けることはありますか?(男性)

【質問10】移植後は太りやすいのでしょうか?また、運動をする場合はどのような運動がいいのでしょうか?

お気に入り記事に登録

後藤 憲彦先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは