トップページ  >  インタビュー  >  ドクターインタビュー  >  東京女子医科大学 八千代医療センター 泌尿器科 准教授 診療科長 乾 政志先生

ドクターインタビュー

今後の取組みとメッセージ

-----今後は、何件くらいの腎移植手術を行っていく予定なのでしょうか。

月2件以上、年間30件はできるような体制にしていきたいと思っています。現在は生体腎移植手術の場合は、本院からも臨時で医師が来て一緒に手術を行っていますが、今後患者さんが増えるに従い、当院の人員も増やしていく予定です。現在は泌尿器科専門医4名のスタッフで診療に当たっていますが、来年(2015年)には5名になる予定です。
また、千葉県の献腎移植件数は、昨年(2013年)は5件しかありませんでしたので、人員体制が整い次第、ドナーアクションプログラムや、献腎移植待機者向けの外来なども行っていきたいと考えています。


八千代医療センター

-----最後に、移植を検討されている患者さんにメッセージをお願いします。

当院では、毎年90件近くの腎移植手術を行っている東京女子医科大学病院泌尿器科と同じ治療方針のもと、経験豊富な移植専門医による手術を受けることができ、術後のフォローも当院で受けることができますので、安心して移植手術に臨んでいただくことができると思います。
移植を検討されている方やそのご家族は、ぜひ一度、お気軽にご相談にお越しください。


お気に入り記事に登録

<< 前へ   1   2   3