トップページ  >  インタビュー  >  ドクターインタビュー  >  熊本赤十字病院 腎移植チーム 

ドクターインタビュー

腎移植の中核的施設となるために

-----現在は年間20~30例くらいのペースで腎移植手術を行っているということですが、今後の目標を教えてください。

日高先生

日高先生
腎移植数は、昨年(2015年)は20例で、今年も同じくらいになると思います。
一昨年(2014年)には31例の腎移植を行い、移植後の患者さんも皆順調に経過していますので、現在の体制で、年間30~40例の移植を行えるポテンシャルはあると思っています。今後はそこを目指していきたいですね。


-----年間30~40例の腎移植を行う施設になれば、日本の中心的な移植施設の1つになりますね。こちらの病院のような内科と外科が密に連携し、一体となった移植チームが全国の病院に出来れば、日本全体の腎移植数も2000例を超えるのではないでしょうか。(2014年の日本全国の腎移植数は1,598例)

上木原先生
外科医が手術に集中できる環境を整え、腎臓内科医や泌尿器科医が腎不全の患者さんをきちんと評価し、適切なタイミングで適切な医療機関に紹介することができれば、全国の腎移植数も伸びると思います。



インタビューの様子


お気に入り記事に登録

<< 前へ   1   2   3   4   5   次へ >>