トップページ  >  インタビュー  >  ドナーインタビュー  >  大越明子さん

ドナーインタビュー

大越明子さん
お名前: 大越明子さん
レシピエント: 旦那様
移植後: 約10年(取材時)
取材日: 2014/06/18

「10年後、20年後のドナー」インタビュー

息子が運んだ「ありがとう」

 ドナーインタビュー第3回目は、約10年前、45歳の時にご主人の生体腎ドナーとなられた、大越明子さんです。透析で苦しむご主人を、なんとか救いたいという気持ちから移植医療にたどり着き、ドナーとなられた時のお話や、移植後の現在、ご主人と一緒に旅行などを楽しんでいらっしゃるご様子など、さまざまなお話をお聞きすることができました。

%e5%b9%b4%e8%a1%a8
        

息子が運んだ「ありがとう」

臓器提供後、最もうれしかったことはどのようなことでしたか。

大越さん
息子の結婚と、孫の誕生です。後は、透析を受けていたころの厳密な食事作りから解放されたことです。

ご主人との関係は臓器提供前後で何か変わりましたか。

大越さん
何も変わりません。

移植記念日のような、何かイベントはされているのですか。

大越さん
特にしていません。結婚記念日とか、そのような記念日のお祝いはたくさんやっていますが、移植に関しては、特に何もしていないので、本当に忘れていました(笑)。


ご家族の写真


忘れるぐらいが一番いいのかもしれませんね。

大越さん
また、そういう話は口にしない方がいいと思うのです。私の両親に、私がドナーになる話をした時、父からも、「『私があげたからどうのこうの』という話はするな。一生、絶対に、そういうことを言ってはいけない。」と言われました。
きっと主人も口に出して言わないだけで、心の中ではいろいろなことを思っていると思います。

気持ちはきちんと伝わっているということですね。

大越さん
そうですね。いろいろと口に出して言う人ではないというのは、分かっていますしね。でも、手術が終わった次の日に、主人は息子に、「お母さんに『ありがとう』と言ってきて」と伝えているのです。私と主人は隣同士の部屋だったのですが、息子がメッセンジャーとなって、「ありがとう」のメッセージが届きました。自分では言いづらかったのですね(笑)。

臓器提供後、新たに始めたことや、打ち込んでいることはありますか。

大越さん
透析を受けていたころは、「旅行先で透析をしてまで…」という感じで、旅行もしなかったのですが、移植後は、よく旅行をするようになりました。また、2人でサイクリングや散歩を楽しんでいます。


家族旅行


臓器提供を検討している方へ

臓器提供してよかったですか。

大越さん
はい。主人が毎日、元気に会社に行く姿を見ることができて、本当に良かったです。出張も多いのですが、透析をしなくて良いので、思いっきり仕事をさせてあげることができて、私も幸せです。こんなことを言うのは少し語弊があるかもしれませんが、透析を受けながら長く暮らすよりも、(決して短くはないと思いますが、万が一短かったとしても)移植をして短く生きる方がいいなと思います。

臓器提供を検討している友人から相談されたら、提供を勧めますか。

大越さん
はい、勧めます。やはり透析から離脱して自由な時間が得られ、皆で同じ食事が食べられるようになるというのは、本人にとっても、その家族にとっても非常に大きいと思います。そして、元気でいることができます。今は、他人が見ても、主人が移植者だとは絶対に分からないと思います。

現在、移植手術を控えている、または移植手術を検討しているレシピエントやドナーの方へメッセージをお願いします。

大越さん

大越さん
私はドナーになって10年がたちますが、既にドナーであることを忘れていました。そのくらい、主人も私も体調が良く、普通の生活を送ることができています。
今の医療技術や薬は、私達夫婦が移植手術を受けたころよりも、さらに良くなっていると思いますので、もし、つらい透析や、厳しい食事制限をされている方がいらっしゃるのであれば、移植によってそれらから解放されると思います。移植を検討されている方は、是非一度、病院まで相談にいらしてください。


お気に入り記事に登録

<< 前へ   1   2   3