トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  熱中症予防と水分補給

MediPress編集部 コラム

  • 熱中症予防と水分補給

今年は各地で猛暑日が続き、ニュースでも熱中症への注意が呼びかけられています。

熱中症とは、高温多湿な環境下において、体内の水分及び塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害の総称です。

人間は恒温動物ですので、身体内部(内臓)の温度はほぼ37℃で一定に維持されています。そして身体内部の温度が42℃まで上がらないように調整する機能を持っており、皮膚の表面からの空気中への熱放出や、汗をかくことでその汗が蒸発するときに熱を奪うはたらき(気化熱)を利用して体温の上昇を防いでいます。
気温が体温よりも低ければ、皮膚から空気中へ熱が移りやすく、体温の上昇を抑えることができ、また、湿度が低ければ汗をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができます。
しかし、気温が体温より高くなると、空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになり、更に気温が高く非常に湿度も高い状況下では、汗をかいても流れ落ちるばかりでほとんど蒸発しなくなり、発汗による体温調節も出来なくなってしまうのです。

 

熱中症の症状としては、めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感、意識障害・痙攣・手足の運動障害、高体温等があり、重篤な場合は死に至るケースもあります。

 

熱中症を防ぐには、自宅内では適切な温度、湿度になるように時々室温を確認して調整することや、戸外を歩く時は日傘、帽子を持参し、日影を歩くなどして暑さを避けることももちろんのこと、通気性がよく吸湿・速乾性の高い服装を心がけること、そして、こまめに水分、塩分を補給することなどが大切です。
人は、軽い脱水状態のときには、のどの渇きを感じないので、のどが渇く前、あるいは暑いところに出る前から水分を補給しておきましょう。また、大量に汗をかくような状況下では、水分だけを補給していると血液中の塩分濃度が低下して、塩分欠乏による様々な症状が生じることがありますので、その様な場合は塩分も補給するようにしましょう。
塩分補給が必要な際の目安としては、0.1%~0.2%の食塩水 または、ナトリウム40~80㎎/100mlのスポーツドリンクまたは経口補水液等を、20~30分ごとにカップ1~2杯程度摂取することが望ましいとされています。

参考までに代表的なスポーツドリンクの成分表は下記の通りです。


↑クリックすると大きい画像が出ます

大量の汗をかいたりしたときには、ナトリウムイオンなどの電解質を含んだスポーツドリンクを飲むのもよいかとは思われますが、日常的に飲料水の代わりに飲むことはお勧めできません。
スポーツドリンクを大量に飲むと、水分も補給されますが、糖分や塩分も過剰に摂取することになりますので、飲み過ぎには注意が必要です。
ほとんどのスポーツドリンクには電解質やミネラル分と共に、ジュースと同じくらいの糖分が含まれていますので、特に糖尿病の方は、薄めて飲む必要があったり、飲むのを控えた方がよい場合もありますので、主治医に確認するようにしてください。

熱中症予防の為の水分補給も、スポーツドリンクなどに偏った水分の摂り方をせず、脱水にならないよう、なるべくこまめに水を飲み、水分補給をすることを心がけましょう。

また、腎機能や糖尿病など、ご自身の体の状態によって摂取可能な成分も異なると思われますので、分からないことがある時には、必ず主治医や専門医に直接ご相談ください。


 「MediPress」は患者さんが病気や薬について一般的な知識を得るための参考情報であり、必要最小限の情報が記載されています。個々の患者さんの病態や症状に合わせた内容ではありませんので、記載された情報がどの患者さんにも当てはまるというわけではありません。薬の飲み方や症状など、わからない点がある時は自己判断をせず、必ず主治医や専門医に直接ご相談ください。

お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは