トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  ~免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威~ 名古屋第二赤十字病院 移植外科患者会「朋友会」 勉強会レポート 

MediPress編集部 コラム

  • ~免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威~ 名古屋第二赤十字病院 移植外科患者会「朋友会」 勉強会レポート 

    ~免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威~ 名古屋第二赤十字病院 移植外科患者会「朋友会」 勉強会レポート 

 2013年11月に開催された、名古屋第二赤十字病院 移植外科 患者会「朋友会」の勉強会内容をご紹介させて頂きます。

 「免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威」として、名古屋第二赤十字病院 移植外科の山本貴之先生がご講演された内容をご紹介いたします。
免疫抑制剤に関する基本的な知識や、他薬剤、食べ物との飲み合わせ、免疫抑制剤の血中濃度測定の重要性を知り、きちんと服薬することの大切さを改めて認識出来ると思いますので、是非ご一読ください。



山本貴之先生

2003年5月 医師免許取得
2005年4月 市立四日市病院外科
2009年7月 国立病院機構豊橋医療センター外科短期赴任
2010年1月- 名古屋第二赤十字病院移植内分泌外科
2011年3月 米国ミネソタ大学移植外科短期留学
2011年4月 名古屋大学大学大学院医学系研究科入学(社会人大学院生)
2014年3月 名古屋大学大学院医学系研究科短縮修了(医学博士号取得)




朋友会勉強会レポート

日時:平成25年11月9日(土)
場所:名古屋第二赤十字病院 第1病棟10階「加藤科学記念ホール」

講演1)名古屋第二赤十字病院 移植外科 山本貴之先生

~免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威~
① 最近の腎移植の現状
② 免疫抑制剤とその組み合わせ
③ 免疫抑制剤血中濃度測定の意義
④ 服薬コンプライアンスについて、怠薬の脅威  


山本先生のご講演内容は下記よりご確認頂けます。

~免疫抑制剤と各種併用及び怠薬の脅威~



お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは