トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  ~現在の移植医療と今後の移植医療について~ 名古屋第二赤十字病院 移植外科患者会「朋友会」 勉強会レポート 

MediPress編集部 コラム

  • ~現在の移植医療と今後の移植医療について~ 名古屋第二赤十字病院 移植外科患者会「朋友会」 勉強会レポート 

 2013年11月に開催された、名古屋第二赤十字病院 移植外科 患者会「朋友会」の勉強会内容をご紹介させて頂きます。

「現在の移植医療と今後の移植医療」として、名古屋第二赤十字病院 移植外科 副部長の鳴海俊治先生がご講演された内容をご紹介いたします。
腎移植の現状や、肝移植や膵(膵島)移植の現状・移植方法、今後の移植の動向などを知ることが出来る大変良い機会ですので、是非ご一読ください。




鳴海俊治先生

1990年 弘前大学大学院医学研究科修了 医学博士学位授与
1996年 国民健康保険大畑病院副院長
1996年 カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校客員講師(Dept. of Surgery, Transplant Division)
2010年 弘前大学医学部附属病院 消化器外科診療教授
2014年 名古屋第二赤十字病院移植外科第一副部長





朋友会勉強会レポート

日時:平成25年11月9日(土)
場所:名古屋第二赤十字病院 第1病棟10階「加藤科学記念ホール」

講演2)名古屋第二赤十字病院 移植外科 副部長 鳴海俊治先生

~現在の移植医療と今後の移植医療について~
① 最近の移植事情(特にドネーション)
② 肝移植について
③ 膵(膵島)移植について
④ 腎移植について
⑤ 今後の移植について 


鳴海先生のご講演内容は下記よりご確認頂けます。

~現在の移植医療と今後の移植医療について~



お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは