トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  2014年前半「腎移植」ニュースのまとめ

MediPress編集部 コラム

  • 2014年前半「腎移植」ニュースのまとめ

    2014年前半「腎移植」ニュースのまとめ

 2014年も半年が過ぎ、夏本番を迎える時期となりました。
 今年前半も様々なニュースがありましたが、MediPress編集部では、腎移植、腎臓病治療関連のニュースをいくつかピックアップしてみたいと思います。


           

「最新の研究、治療薬」関連のニュース


◆効率よく腎臓のもと作製 iPSに化合物、京大 2014.01.22
 京都大iPS細胞研究所などのチームは22日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)に加えることで、腎臓のもとになる細胞集団を効率よく作製できる2種類の化合物を見つけたと明らかにした。
産経ニュースより抜粋



◆iPSで膵島移植を研究 京大・山中教授 2014.02.02
 京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授が1日までに京都新聞社のインタビューに 応じ、iPS(人工多能性幹)細胞を使った研究所の第3の臨床研究として、糖尿病治療のため、膵島(すいとう)の移植を目指す考えを明らかにした。
京都新聞より抜粋



◆大塚製薬創製の「サムスカ®」 腎臓の希少疾病ADPKDの世界初の治療薬として日本で承認 2014.03.24
 「サムスカ錠」は、これまで治療薬のなかった常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)の進行を抑制する初めての治療薬として、世界に先駆け日本で承認された。この承認により病気の進展抑制が可能となり、ADPKDの治療の発展が期待される。
財経新聞より抜粋




「移植後ガイドライン」関連のニュース


◆移植患者の妊娠ガイドライン作成へ 服薬リスクなど共有 2014.04.12
 臓器移植を受けた患者らの適切な妊娠・出産のために、日本移植学会が、服薬の管理や臓器別のリスクなどを解説する世界初のガイドラインを作成することがわかった。小児期での移植や長期生存のための技術が進み、関係者は「移植後の患者の人生設計を支えたい」と話している。
朝日新聞より抜粋




「脳死移植」関連のニュース


◆岡山大病院で脳死肝腎同時移植 国内3例目、容体は安定 2014.02.21
 岡山大病院(岡山市北区鹿田町)が2012年9月に国内で初めて成功させ、同大病院で2例目、国内3例目となる脳死肝腎同時移植手術が20日午前から行われた。
山陽新聞より抜粋



◆鹿児島大学病院、県内初の脳死腎移植 2014.02.22
 鹿児島大学病院が21日、鹿児島県内初となる脳死腎移植手術を行った。腎臓は九州地方の病院で脳死判定された50代女性から提供され、慢性腎不全を患う県内在住の50代男性へと移植された。
南日本新聞より抜粋



◆260例目の脳死移植 書面で提供 意思示さずも家族承諾 2014.02.25
 日本臓器移植ネットワークは25日、近畿地方の病院に蘇生後脳症で入院していた40代女性が24日、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。女性は書面で臓器提供の意思を示していなかったが、家族が承諾した。脳死移植は同法施行後260例目、本人の意思不明は130例目。
産経ニュースより抜粋



◆脳死腎移植:下関総合と徳山中央病院で 経過良好 山口 2014.03.08
 県内で脳死判定された患者からの脳死腎移植が6日、県済生会下関総合病院(下関市)と徳山中央病院(周南市)であった。県外の病院で脳死判定され、県内で移植された例はこれまでもあったが、県内で脳死判定された患者からの臓器移植は初めて。
毎日新聞より抜粋




◆262例目の脳死移植 茨城県の病院 2014.03.10
 日本臓器移植ネットワークは10日、茨城県の筑波メディカルセンター病院に脳出血で入院していた30代女性が臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。女性は書面で臓器提供の意思を示していなかったが家族が承諾した。脳死移植は法施行後262例目、本人の意思不明は132例目。
産経ニュースより抜粋




◆264例目の脳死臓器移植 新潟で入院の男性、保険証に提供意思 2014.03.14
 日本臓器移植ネットワークは14日、新潟県内の病院に入院していた成人男性が、臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。
産経ニュースより抜粋




◆270例目の脳死移植 30代男性、家族承諾 2014.05.12
 日本臓器移植ネットワークは12日、神戸市立医療センター中央市民病院に脳血管障害で入院していた30代男性が臓器移植法に基づく脳死と判定されたと発表した。男性は書面で臓器提供の意思表示をしていなかったが、家族が承諾した。
産経ニュースより抜粋



お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは