トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  第20回世界移植者スポーツ大会(アルゼンチン)参加選手紹介

MediPress編集部 コラム

  • 第20回世界移植者スポーツ大会(アルゼンチン)参加選手紹介

    第20回世界移植者スポーツ大会(アルゼンチン)参加選手紹介

世界中から移植を受けた方々が集まり2年に1回行われるスポーツの祭典、世界移植者スポーツ大会が、2015年8月23日~8月30日にかけて、アルゼンチンにて開催されます。日本選手団のチームドクターとして大会に参加される虎の門病院分院の丸井祐二先生と5名の参加選手の皆さんに、移植後のスポーツの魅力や、世界大会に向けての意気込みをお聞きしました。


丸井先生

丸井祐二先生(チームドクター) 45歳

― 先生はいつごろから世界移植者スポーツ大会にチームドクターとして参加されているのですか。

2007年第16回タイ・バンコク大会、2009年第17回オーストラリア・ゴールドコースト大会、2011年第18回スウェーデン・イヨーテボリ大会にチームドクターとして参加しました。

― 移植者スポーツ大会との関わりと、ご自身のスポーツとの出会いについて教えてください。

ニュージーランドで働いたあと、2004年の愛知県で行われた全国移植者スポーツ大会に運営から参加させてもらい、移植者が回復してスポーツをする姿に心打たれて仲間に入れてもらいました。
私自身は子どものころから剣道をしており、大学、ニュージーランドでも続けていました。また、競技スキーは大学から始め、今年も試合に参加しました。
日ごろは自転車に乗るくらいしかしていません。とても不得意ですが水泳もします。泳ぎに行くとむきになって、クロールで1km泳いでくたくたになっています。あと、最近ちょっとしたスポーツも始めました。

― 移植者スポーツ大会の魅力はどんなところにありますか。

移植者の臓器が健全に働くためには、心肺機能はじめ、全身が健康であることが一番です。そのためにもスポーツはとてもよいものです。
また、移植者の皆さんが、移植を受けなければできなかったスポーツをする姿に、全ての人が心動かされると思います。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

表彰台に日の丸を掲げ、必ずみんなを無事につれて帰ってきます。


丸井祐二先生(チームドクター) 45歳

丸井先生

― 先生はいつごろから世界移植者スポーツ大会にチームドクターとして参加されているのですか。

2007年第16回タイ・バンコク大会、2009年第17回オーストラリア・ゴールドコースト大会、2011年第18回スウェーデン・イヨーテボリ大会にチームドクターとして参加しました。

― 移植者スポーツ大会との関わりと、ご自身のスポーツとの出会いについて教えてください。

ニュージーランドで働いたあと、2004年の愛知県で行われた全国移植者スポーツ大会に運営から参加させてもらい、移植者が回復してスポーツをする姿に心打たれて仲間に入れてもらいました。
私自身は子どものころから剣道をしており、大学、ニュージーランドでも続けていました。また、競技スキーは大学から始め、今年も試合に参加しました。
日ごろは自転車に乗るくらいしかしていません。とても不得意ですが水泳もします。泳ぎに行くとむきになって、クロールで1km泳いでくたくたになっています。あと、最近ちょっとしたスポーツも始めました。

― 移植者スポーツ大会の魅力はどんなところにありますか。

移植者の臓器が健全に働くためには、心肺機能はじめ、全身が健康であることが一番です。そのためにもスポーツはとてもよいものです。
また、移植者の皆さんが、移植を受けなければできなかったスポーツをする姿に、全ての人が心動かされると思います。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

表彰台に日の丸を掲げ、必ずみんなを無事につれて帰ってきます。


戸塚さん

戸塚仁さん  46歳  移植後17年(腎移植)

― これまでの世界移植者スポーツ大会への参加歴を教えてください。

参加回数は6回で、日本(神戸)、フランス(ナンシー)、カナダ(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(ゴールドコースト)、スウェーデン(イエテボリ)の大会に参加しました。

― 今回はどの種目に出場されるのですか。

陸上競技(100m、200m、400m)、テニス(シングルス)、ボウリング(ダブルス)に出場します。

― 陸上、テニスはどのくらいやっていらっしゃるのですか。

陸上は10年、テニスは14年です。

― スポーツとの出会いを教えてください。

昔から足だけは自信がありましたので、中学・高校と陸上競技部に所属していました。
移植後、移植前にテレビで見た世界大会を思い出し、神戸大会に参加するため練習を始めました。
テニスは2001年に神戸で行われた世界大会に参加した際、大会後半に行われる陸上まで暇を持て余したので、陸上競技以外の種目でも参加したいと32歳でテニススクールに通い始めました。私自身は運動神経がなく、球技は未経験で不安でしたが、笑われ続けられながらも何とか人並みになりました。

― テニスの魅力を教えてください。

テニスはボールを相手コートに打ち返す単純な競技ですが、思った通りにボールを操れた快感は多くの愛好家を虜にしています。
また、テニスは見た目以上にハードな競技ですが、年を重ねても技術と戦略で楽しめる競技です。テニススクールも多く、コーチに基本を教わりながら成長していくシステムが導入されており、初心者でも気軽に始められるスポーツです。

― 世界移植者スポーツ大会への意気込みを聞かせてください。

4年ぶりの世界大会になります。
毎月早朝にコートの予約をしていただき、一緒に練習いただいた原さんご夫妻や、テニス仲間のために良い報告が出来るようベストを尽くしたいと思います。
また、一緒に参加する仲間と共に大会を楽しみ、無事に帰国します。


戸塚仁さん  46歳  移植後17年(腎移植)

戸塚さん

― これまでの世界移植者スポーツ大会への参加歴を教えてください。

参加回数は6回で、日本(神戸)、フランス(ナンシー)、カナダ(ロンドン)、タイ(バンコク)、オーストラリア(ゴールドコースト)、スウェーデン(イエテボリ)の大会に参加しました。

― 今回はどの種目に出場されるのですか。

陸上競技(100m、200m、400m)、テニス(シングルス)、ボウリング(ダブルス)に出場します。

― 陸上、テニスはどのくらいやっていらっしゃるのですか。

陸上は10年、テニスは14年です。

― スポーツとの出会いを教えてください。

昔から足だけは自信がありましたので、中学・高校と陸上競技部に所属していました。
移植後、移植前にテレビで見た世界大会を思い出し、神戸大会に参加するため練習を始めました。
テニスは2001年に神戸で行われた世界大会に参加した際、大会後半に行われる陸上まで暇を持て余したので、陸上競技以外の種目でも参加したいと32歳でテニススクールに通い始めました。私自身は運動神経がなく、球技は未経験で不安でしたが、笑われ続けられながらも何とか人並みになりました。

― テニスの魅力を教えてください。

テニスはボールを相手コートに打ち返す単純な競技ですが、思った通りにボールを操れた快感は多くの愛好家を虜にしています。
また、テニスは見た目以上にハードな競技ですが、年を重ねても技術と戦略で楽しめる競技です。テニススクールも多く、コーチに基本を教わりながら成長していくシステムが導入されており、初心者でも気軽に始められるスポーツです。

― 世界移植者スポーツ大会への意気込みを聞かせてください。

4年ぶりの世界大会になります。
毎月早朝にコートの予約をしていただき、一緒に練習いただいた原さんご夫妻や、テニス仲間のために良い報告が出来るようベストを尽くしたいと思います。
また、一緒に参加する仲間と共に大会を楽しみ、無事に帰国します。


TMさん

T.Mさん  47歳  移植後8年(腎移植)

― これまで世界移植者スポーツ大会へ参加されたことはありますか。

2回参加したことがあります。

― 今回はどの種目に出場されるのですか。

競歩です。

― 移植前はスポーツをしていらっしゃいましたか。

移植前は、透析を行っていたので、なかなかスポーツを行う時間がありませんでした。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを始めましたか。

約1年位です。

― 移植後にスポーツを行う際にはどんなことが大切ですか。

移植後のスポーツは、楽しみながら行うことが大切だと思います。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを聞かせてください。

ドナーさん、ドナーのご家族に感謝し、現地の風を感じながら競技を行いたいと思います。世界大会では、多くの出会いがありますので楽しみたいです。


T.Mさん  47歳  移植後8年(腎移植)

TMさん

― これまで世界移植者スポーツ大会へ参加されたことはありますか。

2回参加したことがあります。

― 今回はどの種目に出場されるのですか。

競歩です。

― 移植前はスポーツをしていらっしゃいましたか。

移植前は、透析を行っていたので、なかなかスポーツを行う時間がありませんでした。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを始めましたか。

約1年位です。

― 移植後にスポーツを行う際にはどんなことが大切ですか。

移植後のスポーツは、楽しみながら行うことが大切だと思います。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを聞かせてください。

ドナーさん、ドナーのご家族に感謝し、現地の風を感じながら競技を行いたいと思います。世界大会では、多くの出会いがありますので楽しみたいです。


鈴木さん

鈴木勝文さん  57歳  移植後8年半(腎移植)

― これまでに世界移植者スポーツ大会に参加されたことはありますか。

2回参加しました。1回目は2009年のオーストラリア・ゴールドコーストの大会で、2回目は2011年のスェーデン・イェーテボリ大会です。

― 今回のどの種目に出場されるのですか。

ボウリングとウォークです。

― ボウリングはどのくらいの経験年数がありますか。

4~5年です。

― 鈴木さんのスポーツとの出会を教えてください。

移植前はスキー、ゴルフをやっていました。
小学3年生の時から腎臓病だったため体育は見学でしたが、高校生の時に母が亡くなり箍がはずれ、仲間内で流行っていたスキーを始め、透析中も時々滑りに行っていました。その後、友達や会社の人達とゴルフを始めました。
移植後はマラソン、ボウリングをしています。移植後は体の為に散歩から始めて、移植者が東京マラソンを走っているのを知り、自分も参加してみようと思ったのがきっかけで、東京マラソン移植者の部で3回走りました。
ボウリングは移植者スポーツ大会の種目にあったことがきっかけですが、スェーデン・イェーテボリ大会ボウリング・ペアで、前スポーツ協会会長野口さんと組ませていただき、おかげで優勝できたので、それからハマッています。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを再開しましたか。

スポーツというよりは散歩から徐々に始めていましたので、スポーツをいつ頃から始めたかははっきり憶えていませんが、移植1年半後の2008年の栃木県大田原の全国移植者スポーツ大会に初参加し、3キロウォークで金メダルをとりました。

― 今回の出場種目のボーリングやウォークの魅力はどんなところにありますか。

ボウリングもウォークも、老若男女が楽しめる手軽なスポーツです。
ボウリングはそれでいて知れば知るほど奥の深いスポーツです。ストライクが出たときの爽快感は最高です。
私の場合は本格的にスポーツをしているわけではないので、まずは楽しんで、健康の為に体を動かし、気の合った仲間と話をして、心身ともにリフレッシュできることがスポーツの魅力だと思います。

―今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

日本・世界の参加者と、ただただ楽しみたいと思っています。


鈴木勝文さん  57歳  移植後8年半(腎移植)

鈴木さん

― これまでに世界移植者スポーツ大会に参加されたことはありますか。

2回参加しました。1回目は2009年のオーストラリア・ゴールドコーストの大会で、2回目は2011年のスェーデン・イェーテボリ大会です。

― 今回のどの種目に出場されるのですか。

ボウリングとウォークです。

― ボウリングはどのくらいの経験年数がありますか。

4~5年です。

― 鈴木さんのスポーツとの出会を教えてください。

移植前はスキー、ゴルフをやっていました。
小学3年生の時から腎臓病だったため体育は見学でしたが、高校生の時に母が亡くなり箍がはずれ、仲間内で流行っていたスキーを始め、透析中も時々滑りに行っていました。その後、友達や会社の人達とゴルフを始めました。
移植後はマラソン、ボウリングをしています。移植後は体の為に散歩から始めて、移植者が東京マラソンを走っているのを知り、自分も参加してみようと思ったのがきっかけで、東京マラソン移植者の部で3回走りました。
ボウリングは移植者スポーツ大会の種目にあったことがきっかけですが、スェーデン・イェーテボリ大会ボウリング・ペアで、前スポーツ協会会長野口さんと組ませていただき、おかげで優勝できたので、それからハマッています。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを再開しましたか。

スポーツというよりは散歩から徐々に始めていましたので、スポーツをいつ頃から始めたかははっきり憶えていませんが、移植1年半後の2008年の栃木県大田原の全国移植者スポーツ大会に初参加し、3キロウォークで金メダルをとりました。

― 今回の出場種目のボーリングやウォークの魅力はどんなところにありますか。

ボウリングもウォークも、老若男女が楽しめる手軽なスポーツです。
ボウリングはそれでいて知れば知るほど奥の深いスポーツです。ストライクが出たときの爽快感は最高です。
私の場合は本格的にスポーツをしているわけではないので、まずは楽しんで、健康の為に体を動かし、気の合った仲間と話をして、心身ともにリフレッシュできることがスポーツの魅力だと思います。

―今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

日本・世界の参加者と、ただただ楽しみたいと思っています。


倉田さん

倉田雄介さん  36歳  移植後11年(腎移植)

― 世界移植者スポーツ大会への参加歴を教えてください。

これまでカナダ、タイ、オーストラリア大会に参加し、今回のアルゼンチン大会で4回目です。

― 今回の出場競技と経験年数を教えてください。

バドミントンに出場します。バドミントンは15年やっています。

― バドミントンとの出会いを教えてください。

透析をしていましたが、高校1年生の冬に少し体調が良くなってきたので、当時の部活動の顧問の先生に、「病気関係なしにバドミントンしたい人はおいで!」と言われ、すごく嬉しかったので始めました。

― バドミントンの魅力はどんなところにありますか。

老若男女楽しく出来るところです。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

まずは、体調を崩すことなく6年ぶりに参加出来ることに感謝しています。また、世界の移植者選手に再会し、元気な姿を見せてバドミントンの面白さを共有したいです。
シングルはケガをしないような動きを、ミックスダブルスはペアと話し合いながら楽しんで行きたいです。


倉田雄介さん  36歳  移植後11年(腎移植)

倉田さん

― 世界移植者スポーツ大会への参加歴を教えてください。

これまでカナダ、タイ、オーストラリア大会に参加し、今回のアルゼンチン大会で4回目です。

― 今回の出場競技と経験年数を教えてください。

バドミントンに出場します。バドミントンは15年やっています。

― バドミントンとを始めたきっかけを教えてください。

透析をしていましたが、高校1年生の冬に少し体調が良くなってきたので、当時の部活動の顧問の先生が、「病気関係なしにバドミントンしたい人はおいで!」と言われ、すごく嬉しかったので始めました。

― バドミントンの魅力はどんなところにありますか。

老若男女楽しく出来るところです。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

まずは、体調を崩すことなく6年ぶりに参加出来ることに感謝しています。また、世界の移植者選手に再会し、元気な姿を見せてバドミントンの面白さを共有したいです。
シングルはケガをしないような動きを、ミックスダブルスはペアと話し合いながら楽しんで行きたいです。


市川さん

市川奈々枝さん  20歳  移植後18年(肝臓移植)

― これまで世界移植者スポーツ大会に参加されたことはありますか。

今回が3回目の参加です。これまでタイ、オーストラリアの大会に参加しました。

― 今回の出場種目と経験年数を教えてください。

バドミントンに出場します。バドミントンは4年の経験があります。

― バドミントンを始めたきっかけを教えてください。

この移植者スポーツ大会で出会った倉田さんとうい方にバドミントンの楽しさを教えていただいて興味が湧き、高校進学時にバドミントンがある高校へ進みました。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを始めましたか。

5歳の時に保育園の水泳がきっかけで、水泳を習いを始めました。

― バドミントンの魅力を教えてください。

バドミントンはチームプレーというより個人の力が影響してくるので、自分が以前試合をした時よりどれだけがんばれるのかというところにやりがいを感じています。自分の中で成長に気づけたときの喜びが大きいです。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

バドミントンでのこの世界移植者スポーツ大会に参加するのは初めてなので、メダルが取れるのか、上位に入れるのか不安です。ですが、日々練習している中でこのスポーツ大会のことを考えて努力し、8月末の試合まで体調管理をしっかり行い、楽しさと、いい緊張感を持ちながらがんばって挑もうと思っています。


市川奈々枝さん  20歳  移植後18年(肝臓移植)

市川さん

― これまで世界移植者スポーツ大会に参加されたことはありますか。

今回が3回目の参加です。これまでタイ、オーストラリアの大会に参加しました。

― 今回の出場種目と経験年数を教えてください。

バドミントンに出場します。バドミントンは4年の経験があります。

― バドミントンとの出会いを教えてください。

この移植者スポーツ大会で出会った倉田さんとうい方にバドミントンの楽しさを教えていただいて興味が湧き、高校進学時にバドミントンがある高校へ進みました。

― 移植後どのくらい経ってからスポーツを始めましたか。

5歳の時に保育園の水泳がきっかけで、水泳を習いを始めました。

― バドミントンの魅力を教えてください。

バドミントンはチームプレーというより個人の力が影響してくるので、自分が以前試合をした時よりどれだけがんばれるのかというところにやりがいを感じています。自分の中で成長に気づけたときの喜びが大きいです。

― 今回の世界移植者スポーツ大会への意気込みを教えてください。

バドミントンでのこの世界移植者スポーツ大会に参加するのは初めてなので、メダルが取れるのか、上位に入れるのか不安です。ですが、日々練習している中でこのスポーツ大会のことを考えて努力し、8月末の試合まで体調管理をしっかり行い、楽しさと、いい緊張感を持ちながらがんばって挑もうと思っています。


お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは