トップページ  >  移植コラム  >  MediPress編集部コラム  >  MediPressの専門家セミナー 第一弾 「腎移植患者さんとそのご家族のためのマネー講座」講師インタビュー

MediPress編集部 コラム

  • MediPressの専門家セミナー  第一弾 「腎移植患者さんとそのご家族のためのマネー講座」講師インタビュー

    MediPressの専門家セミナー 第一弾 「腎移植患者さんとそのご家族のためのマネー講座」講師インタビュー

「正しい医療情報は、患者さんの安心につながる」。これは、医療情報サイト「MediPress」の礎となる思いです。
何も医療に限ったことではありません。どんなことでも、現状を客観的に捉え、正しい情報を知り、具体的な対策を考えることで、少なくとも漠然とした不安は取り除かれるのではないでしょうか。

「MediPress腎移植」ではこれまでも、腎移植後の生活に必要な様々な情報をお届けしてきました。
今回、読者の皆さんと「より近い距離感」で情報と解決への道筋のヒントを提供する場があってもいいのではと考え、「MediPressの専門家セミナー」シリーズを企画しました。
第一弾の開催は、2017年8月27日(日)、腎移植後の生活のお金に関する講座です。
講師にお迎えするのは、将来設計士®マネーアドバイザーの清澤秀顕さんです。清澤さんは、ご自身のある経験から、人生とお金について考えることの大切さに気づき、会社経営者から転向した経歴の持ち主です。
消費税増税、年金支給開始年齢の引き上げ…ニュースを耳にするたびに、将来のお金に対する不安を感じる方もいると思います。腎移植患者さんやご家族の中にもまた、移植腎や健康とともにお金の悩みを感じている方もいらっしゃるかもしれません。当日は、そのような不安をお持ちの方に対し、解決の糸口となるようなお話をしていただく予定です。
講座に先立ち、清澤さんに当日の内容と意気込みをお聞きしました。


MediPress専門家セミナー 第一弾 講師紹介
清澤秀顕さん

保険代理店「株式会社ホロスプランニング」将来設計士®マネーアドバイザー。働く女性や経営者など、様々な立場の方を対象としたマネー講座の講師として活躍。一人ひとりのライフサイクルに沿った細やかなプランニングに定評がある。
「今回、MediPressさんとのご縁で腎移植患者さんの移植後の生活について学ぶ中で、皆さんにぜひ知っておいていただきたい情報があると感じました。私の知識と経験が役立てば幸いです」


-----清澤さんは、もともと会社経営者だったそうですね。

はい。大学在学中に起業し、幅広い事業を手がけてきました。
しかし経営者として利潤を追求するさなか、ある日、自分よりも若い社員が突然病気で亡くなりました。大切な仲間の死に直面し、私は初めて死を身近に感じ、将来への不安を抱きました。その時に、降りかかった時に対処するのでは遅い、自分の身を守るにはあらかじめ対策を練っておく必要がある、との考えに至りました。

-----「対策」というのはどういうことでしょうか。

清澤さん

健康、そして生活への対策です。特に生活においては、お金は切り離せない問題だと感じました。
就職、結婚、出産、退職、病気、死と、人生にはいろいろなイベントが訪れます。その内容は、嬉しいこと、悲しいことと様々ですが、どんな場合であっても、少なからずお金の問題はついて回ります。
もちろん、蓄えが潤沢にあれば気にする必要はないのかもしれませんが、大抵の人はそこに悩みが生まれます。
でも、その悩みも、実はあらかじめ備えておくことで解消できるのではないかと考えたのです。
それで私はお金のことを本格的に学び始め、得た知識を少しでも周りの人に伝えていきたいと思うようになりました。


-----そうして現在に至るのですね。ところで、清澤さんの肩書きには「将来設計士®」とありますが、どういうものですか。

これは、私どもの会社が作った保険募集人の呼び名なんです。保険だけではなく、お金だけでなく、見えない将来を一緒に設計して、その人らしい素敵な生き方を応援したい、という願いが込められています。

-----一人ひとりの人生や描く将来像が異なる中で、その人だけのプランを一緒に考える。かなり具体的な話が聞けそうですね。
今回の講座は、腎移植患者さんとそのご家族に限定した開催です。腎移植患者さんの場合、体調の変化は生活の変化と直結しますし、備えは重要ですよね。備えに役立つものといえば、例えば最近話題の「持病があっても加入できる医療保険」でしょうか。

確かに大きな安心を得る方法ですね。でも、それはあくまで方法の一つです。

-----どういうことでしょうか?

例えば、腎移植患者さんが一家の大黒柱である場合、病気で働けなくなった時に、どうやって収入を支えればよいでしょうか?あるいは、腎移植患者さんの金銭面を支えてくれているご家族が病気になり、支えていくのが難しくなったら?

-----確かに、ご本人の医療保険だけではフォローしきれないかもしれませんね。

マネープランというのは、できるだけ、人生全体を見通すことが大切です。そして、プランは個人だけではなく、家族などの「チーム」単位で考えていただきたいのです。

-----大枠で捉える必要があるということですね。

お金とうまく付き合うには、「使う」「貯める(増やす)」「守る」の3つを、バランスよく考えることが大切です。多くの人は、万が一に備えて、「使う」ことと「貯める」ことだけに意識が向きがちですが、実はそれ以上に「守る」こと、つまり「すでにある資産を減らさないように努力する」という意識を持つことが大切なのです。

-----確かに、すでに手元にある資産にまでは意識が向きにくいですよね。

今回の講座では、そうした考え方のエッセンスに加え、具体的な方針と対策をお伝えしたいと思っています。腎移植患者さんとそのご家族だからこそ注意していただきたい点、さらに、月々の費用の変化まで見越した人生設計にも触れたいと思います。参加いただいた方々のお金に関する知識が増え、少しでも不安が解消できる、そんな講座を目指しています。

-----消費税や年金、医療制度の動向をみていると、社会保障も一生安泰とはいえない部分もありますよね。そうした状況の中で、腎移植患者さんとそのご家族が、どのようにライフプランを立てるべきか。これは、なかなか他では聞くことができない内容になりそうです。私たちもとても楽しみです。当日はよろしくお願いします。


「腎移植患者さんとそのご家族のためのマネー講座」
日時:2017年8月27日(日)14:00~15:30(開場13:30)
場所:渋谷ヒカリエカンファレンス
定員:20組40名/事前申込制(先着順)
入場料無料
詳細はこちらから


お気に入り記事に登録

MediPress編集部 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは