トップページ  >  イベント情報  >  過去の市民公開講座・市民フォーラムの様子

市民公開講座・市民フォーラム情報

2. 過去の市民公開講座・市民フォーラムの様子

◆多摩腎疾患フォーラム◆

「知ろう!腎治療の最前線〜腎不全・移植ってなに?〜」(2015/11/3)

清々しい秋晴れの祝日、八王子(東京都)のいちょうホールにて「多摩腎疾患フォーラム」が開催されました。来場者は150名程度で、幅広い世代の方が参加されていたのが印象的です。先生方による講演、移植者による体験談、そして事前にいただいた質問に回答するパネルディスカッションと、充実のプログラム。また希望者に対して、閉会後に個別相談会が開催され、そちらも大盛況でした。

会場の様子

  • 受付 受付開始。会場の「いちょうホール」はとても明るくて開放感のあるきれいな施設です。
  • 今野理先生講演 先生方の講演では、イラストや写真入りのスライドが使用され、解説もとても分かりやすかったです。
  • 参加者の皆さん 講演を熱心に聴いている参加者の皆さん。いろいろな年代の方がいます。

  • クイズ 全員参加のクイズ。紅白のカードを掲げてYesかNoで答えています。
    暖かい午後の眠気も吹き飛びます!
  • パネルディスカッション パネルディスカッション。事前に参加者からいただいた質問に、パネリストが丁寧に回答しています。
  • 個別相談会 閉会後の個別相談会。ブース内で先生方に直接質問できる貴重な場ということで、皆さん熱心に質問をされていました。

実施プログラム

開会のご挨拶 東京医科大学八王子医療センター 消化器外科・移植外科 主任教授
河地 茂行 先生
講演(1)

「腎臓病・腎不全についてご存知ですか?」

杏林大学医学部 第一内科 教授
要 伸也 先生
講演(2)

「もっと増えるはず腎移植〜身近に感じる腎移植〜」

東京医科大学八王子医療センター 消化器外科・移植外科 助教
今野 理 先生
体験談 「腎移植を受けて」  腎移植体験者
パネルディスカッション

「腎移植の実際」

[ 司会 ]東京医科大学 八王子医療センター 消化器外科・移植外科 講師:中村 有紀 先生
[ パネリスト ]東京医科大学 八王子医療センター 消化器外科・移植外科 助教:木原 優 先生
杏林大学医学部 第一内科 教授:要 伸也 先生
東京医科大学 八王子医療センター レシピエント移植コーディネーター:池田 千絵 先生、腎移植体験者
閉会のご挨拶 東京医科大学八王子医療センター 消化器外科・移植外科 講師
岩本 整 先生
個別相談会 希望者のみ個別ブースにて

パネルディスカッションで出た質問

  • 透析が必要となるクレアチニンの値の目安を教えてください。また、なるべく早めに移植をした方がよいか、できるだけ自分の腎臓に頑張ってもらった方がいいかについて知りたいです。
  • 生体腎移植を考えているのですが、地元の病院にするか、術数の多い都会の病院を選ぶか思案中です。近い病院の方が便利なのは言うまでもないですが、予後が良いに越したことはありません。忌憚のないご意見をお願いします。
  • 患者本人からみて、親血縁者以外の兄弟の配偶者から移植はできるのでしょうか。
  • ドナーになられたきっかけを教えてください。
  • 生体間移植の場合のドナーになった人の健康について教えてください。
  • 腎移植後に障害者手帳を返却する必要はありますか。
  • 透析をせずに移植する場合と、透析をしてから移植する場合のメリット・デメリットが知りたいです。
  • 腹膜透析と血液透析の身体に受けるダメージの違いはありますか。
  • 移植前後の生活の違いや、移植前後で変わることがあれば教えてください。
などの質問がありました。

ご感想(アンケートより)

  • 50代 男性

    移植と透析について、それぞれのメリットとデメリットをお聞きすることができ、とても参考になりました。

  • 60代 男性

    現在は保存療法中ですが、今後について考えるよいきっかけとなりました。

  • 30代 男性

    パネルディスカッションのQ&Aでは、日頃知りたかったことが解説され、とても有意義でした。
    いろいろな観点から解説をしてくださったので、よく理解できました。

  • 20代 女性

    講演がとてもわかりやすく、勉強になりました。
    スライドに、写真やイラストがたくさん使われていたのもよかったです。

  • 40代 女性

    移植者の方から、直接体験談を聴くことができ、とてもよかったです。
    移植や移植前後の生活について、具体的にイメージできました。

お気に入り記事に登録