トップページ  >  移植基本情報 >  くすり事典  >  免疫抑制剤(内服薬)  >  プレドニン

くすり事典

プレドニン

一覧

プレドニン錠5mg
プレドニン プレドニン

一般名 プレドニゾロン
製薬会社 塩野義製薬株式会社
この薬の作用

合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー
作用、免疫抑制作用のほか、広範囲にわたる代謝作用があります。

この薬の効果

通常、内科・小児科、外科などの各科のさまざまな病気の治療に用いられます。ただし、病気の原因そのものを治す薬ではありません。


※急な中止は症状の増悪をまねくことがあります。医師の指示に従って減量及び中止をしてください。

この薬の主な副作用

高血糖、肥満、白内障、胃潰瘍など


※各お薬には副作用があります。医師は薬の有効性を最大限に生かし、副作用を最小限にとどめるように血中濃度を調節しています。勝手に服用をやめたり、量を減らしたりすることは、薬の有効性と副作用のバランスをくずしてしまいますので、必ず医師の指示に従ってください。

次のような方は使う前に必ず医師と薬剤師に伝えてください

・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。感染症、全身の真菌症、消化性潰瘍、精神病、結核、単純疱疹性角膜炎、後嚢白内障、緑内障、高血圧、血栓症がある。最近内臓手術を受けた。急性心筋梗塞を起こしたことがある。
・妊娠または授乳中
・他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、市販薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)

生活上の注意点

水疱瘡またははしかに感染しないように注意し、感染が疑われる場合は直ちに受診してください。

※薬の服用に関しては、患者さん各々の状態に応じて異なりますので、必ず主治医、専門医や薬剤師の指示に従ってください。

編集協力:余丁町クリニック薬剤部
http://kti-uro.com/

写真協力:東京医科大学八王子医療センター 薬剤部、消化器外科・移植外科
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/surg5/

お気に入り記事に登録