トップページ  >  移植基本情報  > 腎移植事典:基本編

腎移植事典:基本編

4. 献腎移植の流れ

献腎移植とは何ですか?

献腎移植は、亡くなられた方から腎臓を提供していただく移植のことです。 献腎移植には心臓死からの移植と脳死からの移植があります。

献腎移植を希望する場合の流れを教えてください

まずは「日本臓器移植ネットワーク」に移植希望登録をします。
そして、透析治療を継続しながら臓器提供候補者が現れるまで待機します。2014年4月末現在、全国で12,697名が登録をしており、献腎移植を受けるまでの平均待機期間は、成人では約16年となっています。16歳未満では優先的に移植が受けられる制度になっているため、待機期間は約1年半となっています。

献腎移植の流れ

献腎移植の待機期間中にやっておくべきことは何ですか?

突然連絡が来ても大丈夫なように準備をしておきましょう

献腎移植の機会は突然やってきます。移植の連絡の電話を受けると、30分~1時間程度という非常に短い時間で移植を受けるかどうかを決めなくてはなりません。いつでも手術を受けられるよう、まずは日々の体調管理をきちんと行うことが重要です。普段から風邪などを引かないように心がけ、肥満にならないよう気をつけてください。また、1年に1回は献腎移植を受ける登録病院を受診し、体の管理と移植の情報収集を行い、来るべき日に備えましょう。
また、事前に家族や職場の理解を得ておくこと、急な入院に備えて準備をしておくことも大切です。もちろん、年1回の「日本臓器移植ネットワーク」の登録更新も忘れないようにしてください。

※平成28年4月からは、年1回以上の診察と評価を受けることが必須条件になります。

監修:東京女子医科大学八千代医療センター 泌尿器科 乾政志先生
http://www.twmu.ac.jp/TYMC/

お気に入り記事に登録