トップページ  >  移植コラム  >  ドクターコラム  >  移植後の妊娠:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決  Vol.2 【8】

後藤 憲彦先生 コラム

「腎移植前後の患者さんが抱く基本的な疑問」について、KDIGO(Kidney Disease:Improving Global Outcome(国際腎臓病予後改善機構)) が作成した国際腎臓病ガイドラインの視点から名古屋第二赤十字病院の後藤憲彦先生にご解説頂く"患者さんの疑問”解決 シリーズ第2弾。

第8回目の今回は『移植後、いつ頃から妊娠してもよいのでしょうか?またその際、気を付けることはあるのでしょうか?(女性)』というご質問に対してご回答、ご解説頂きました。


【質問8】 移植後、いつ頃から妊娠してもよいのでしょうか?またその際、気を付けることはあ るのでしょうか?(女性)

【回答・解説】

移植後の妊娠は必ず計画して行う必要があります。免疫抑制剤による児の催奇形性があるからです。
移植後1年経過して、移植腎機能良好で蛋白尿を認めなければ、妊娠をしてもらうことが可能となります。まず、ミコフェノール酸モフェチルを中止するかアザチオプリンへ変更、降圧剤はメチルドーパに変更します。ミコフェノール酸モフェチルは、影響がなくなるまでに内服中止から6週間かかります。また、ミコフェノール酸モフェチル中止やアザチオプリンへ変更後は移植腎機能をしばらく経過観察しなければいけません。メチルドーパ変更後の血圧安定も必要です。当院では妊娠可能から2ヵ月くらいで、免疫抑制剤変更後の腎機能と降圧剤変更後の血圧が問題ないのを確認して、妊娠許可を出します。当院では妊娠希望で腎移植を考えている腎不全患者さんに対して、専門外来を設けています。




メディプレスの情報はあくまでも執筆時点での情報をもとにした専門医の一般的な意見です。それぞれの患者さんの状態や体調によって対応は大きく変わってきますのでご注意ください。ご自身の状況については、主治医や専門医の指示に従ってください。



腎移植:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決 Vol.2 掲載予定内容(シリーズでお届けします) 

【質問1】移植後も糖尿病治療は必要なのでしょうか?また、移植後新たに糖尿病が発症することはあるのでしょうか?糖尿病にならない為にはどの様な対策をすればよいのでしょうか?

【質問2】移植後、血圧は毎日測定した方がいいのでしょうか?また、目標血圧はどれくらいでしょうか?

【質問3】移植後は、がんになりやすいのでしょうか?また、がんにならない為にはどうしたらよいでしょうか?

【質問4】腎移植後もリンの摂取を制限した方がよいのでしょうか?

【質問5】免疫抑制剤の副作用にはどの様なものがあるのでしょうか?また、副作用がおきた場合はどうすればいいのでしょうか?

【質問6】高尿酸血症を指摘されました。どのようなことに気を付ければよいでしょうか?

【質問7】小児移植の場合、免疫抑制剤により成長が阻害されることはないのでしょうか?

【質問8】移植後、いつ頃から妊娠してもよいのでしょうか?またその際、気を付けることはあるのでしょうか?(女性)

【質問9】移植後、子供が欲しい場合に気を付けることはありますか?(男性)

【質問10】移植後は太りやすいのでしょうか?また、運動をする場合はどのような運動がいいのでしょうか?

お気に入り記事に登録

後藤 憲彦先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは