トップページ  >  移植コラム  >  ドクターコラム  >  感染症:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決 Vol.1 【12】

田邉 一成先生 コラム

「腎移植前後の患者さんが抱く基本的な疑問」について、KDIGO(Kidney Disease:Improving Global Outcome(国際腎臓病予後改善機構)) が作成した国際腎臓病ガイドラインの視点から東京女子医科大学の田邉一成先生にご解説頂く"患者さんの疑問”解決 シリーズ。

第12回目の今回は『ニューモシスチス肺炎は移植後どのくらいの時期に罹ることがあるのでしょうか?また、どのように予防すればいいのでしょうか? 』というご質問に対してご回答、ご解説頂きました。


【質問12】ニューモシスチス肺炎は移植後どのくらいの時期に罹ることがあるのでしょうか?また、どのように予防すればいいのでしょうか?

【回答・解説】

ニューモシスチス肺炎は、移植6か月以内に多いということでその間ST合剤による予防を行うべきです。ただし、最近は免疫抑制剤の強力化に伴い、移植3~10年経過した人でも発症する人がいます。
現在、私たち東京女子医科大学泌尿器科チームでは週3回、1回1錠のST合剤の投与を行っています。最低、週3錠は予防には必要といわれています。




メディプレスの情報はあくまでも執筆時点での情報をもとにした専門医の一般的な意見です。それぞれの患者さんの状態や体調によって対応は大きく変わってきますのでご注意ください。ご自身の状況については、主治医や専門医の指示に従ってください。



腎移植:国際腎臓病ガイドラインに基づく ”患者さんの疑問” 解決  掲載予定内容(シリーズでお届けします) 

【質問1】腎移植手術に際して、免疫抑制剤はいつから使用するのでしょうか?

【質問2】移植直後にはどのような免疫抑制剤を服用するのでしょうか?

【質問3】移植後、もっとも重要な免疫抑制剤はどのようなものですか?

【質問4】シクロスポリンやタクロリムスの血中濃度は、どのくらいの頻度で測ってもらうのが良いのでしょうか?

【質問5】腎生検は必要なのでしょうか?

【質問6】クレアチニンの値はどのくらいの頻度で測ってもらうのがいいのでしょうか?

【質問7】移植後15年で、現在のクレアチニンが3.0mg/dlです。徐々にクレアチニンの値が上がってきているのですが、腎生検を行った方が良いのでしょうか?

【質問8】免疫抑制剤を服用しないとどうなりますか?

【質問9】インフルエンザワクチンは接種して大丈夫でしょうか?

【質問10】サイトメガロウィルス感染になるとどのような症状がでるのでしょうか?また、予防の為にはどうすればいいのでしょうか?

【質問11】水痘帯状疱疹ウィルス感染になった場合、治療を受けるに際して注意することはありますか?

【質問12】ニューモシスチス肺炎は移植後どのくらいの時期に罹ることがあるのでしょうか?また、どのように予防すればいいのでしょうか?

【質問13】移植後、いつ頃からST合剤(バクタ)の服用が必要なのでしょうか?

お気に入り記事に登録

田邉 一成先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは