トップページ  >  移植基本情報 >  くすり事典  >  免疫抑制剤(内服薬)  >  サーティカン

くすり事典

サーティカン

一覧

サーティカン錠0.25㎎
サーティカン

サーティカン錠0.25㎎(包装)
サーティカン

サーティカン錠0.75㎎
サーティカン

サーティカン錠0.75㎎(包装)
サーティカン

他、0.5㎎の剤形もあります

一般名 エベロリムス
製薬会社 ノバルティス ファーマ株式会社
この薬の作用

免疫に関わるT細胞の増殖を抑制して異常な免疫反応を抑えます。

この薬の効果

通常、移植した心臓や腎臓に対する拒絶反応を抑制するために使用されます。

この薬の主な副作用

高脂血症、高コレステロール血症、鼻咽頭炎、発熱、高血圧など


※各お薬には副作用があります。医師は薬の有効性を最大限に生かし、副作用を最小限にとどめるように血中濃度を調節しています。勝手に服用をやめたり、量を減らしたりすることは、薬の有効性と副作用のバランスをくずしてしまいますので、必ず医師の指示に従ってください。

次のような方は使う前に必ず医師と薬剤師に伝えてください

・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
・妊娠または授乳中
・他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、市販薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)

生活上の注意点

予防接種は医師に相談してから行ってください。グレープフルーツジュースの摂取は控えてください。セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)成分の入っている健康食品の摂取は控えてください。

併用禁忌

※飲み合わせの悪い薬です。 併用した場合、作用の減弱、副作用の増強など体に悪い影響がでるおそれがあります。

○生ワクチン(乾燥弱毒性麻しんワクチン、乾燥弱毒性風しんワクチン、経口生ポリオワクチン、乾燥BCG等)

※薬の服用に関しては、患者さん各々の状態に応じて異なりますので、必ず主治医、専門医や薬剤師の指示に従ってください。

編集協力:余丁町クリニック薬剤部
http://kti-uro.com/

写真協力:東京医科大学八王子医療センター 薬剤部、消化器外科・移植外科
http://hachioji.tokyo-med.ac.jp/surg5/

お気に入り記事に登録