トップページ  >  インタビュー  >  レシピエントインタビュー  >  北山 利恵さん(仮名)

レシピエントインタビュー

北山 利恵さん(仮名)
移植種類: 生体腎移植
お名前: 北山 利恵さん(仮名)
ドナー: お母様
移植後: 約12年(取材時)
病院: 北里大学病院
ドクター: 吉田 一成先生
取材日: 2013/07/01

北里大学病院レシピエントインタビュー

カサブランカの花に託す感謝

 北里大学病院 レシピエントインタビュー第2回目は、約12年前にお母様がドナーとなり生体移植手術を受けられた、北山利恵さん(仮名)です。
 幼少期に腎臓に問題があることを指摘され、大学卒業後に透析導入、その後移植手術を受けられるまでのお話、そして移植後の仕事もプライベートも大変充実していらっしゃる現在の様子など、様々なお話をお聞きすることができました。

Crl4 2
        

透析導入へ

北山さんは幼少の頃から腎臓が悪かったのですか?

北山さん
 産まれて間もない頃に、祖母が私の尿の色が通常と異なる事に気付き、原因を特定すべく病院を転々としたのですが、 診断がつきませんでした。その後、父の仕事の関係で渡米し、米国の病院で腎臓に問題がある事を指摘され、 帰国後は米国の主治医の紹介で北里大学病院に通院し始めました。


その様な状態で、学生時代はどの様な生活を送っていましたか?

北山さん
 小学生の頃からからマラソン、水泳、登山を伴うような遠足は見学か欠席でした。それ以外は普通の生活をしていました。 自覚症状としては、中学時代に大好きなバスケットボールをしていた時、それまでには無い疲れを感じるようになり、 何かがおかしいと気付きました。
 クレアチニンの値は中学3年生の頃から上がり始め、高校時代には2㎎/dlになり、足の浮腫などが顕著になっていましたが、 普通の生活を続けていました。大学入学後は低タンパク食などの食事療法や、投薬治療を始めました。 その為、大学生活を楽しむ余裕はあまり無く、学業についていくのが精一杯でしたね。 大学卒業後数年経った2001年1月頃に透析導入となりました。

お気に入り記事に登録

1   2   3   4   次へ >>

レシピエントインタビュー【親子間】