トップページ  >  インタビュー  >  レシピエントインタビュー  >  松原 真愛さん

レシピエントインタビュー

松原 真愛さん
移植種類: 生体腎移植
お名前: 松原 真愛さん
ドナー: お母様
移植後: 約5年半(取材時)
病院: 市立札幌病院
ドクター: 原田 浩先生
取材日: 2012/06/15

市立札幌病院レシピエントインタビュー

母の愛情で叶えた1番の夢

 市立札幌病院 レシピエントインタビュー第5回目は、約5年半前にお母様がドナーとなり生体腎移植手術を受けられた、松原真愛さんです。
 松原さんは昨年ご結婚され、今年9月に待望の第1子をご出産の予定です。小学生の頃IgA腎症との診断を受けてから透析導入に至るまで、そして生体腎移植を受けた後、復職、ご結婚、妊娠されるまでのお話など、様々なお話をお聞きすることが出来ました。

Crl3 5
        

透析導入へ

腎不全の症状が出始める前はどの様な生活だったのでしょうか?


松原さん
 小学3年生の頃に溶連菌感染症にかかり血尿が出た為、検査を受けたところIgA腎症と診断されました。その3年後位に総合病院で腎生検を受けたのですが、その時には特に問題がないと診断されました。
 それから慢性腎不全と診断されるまでの約12年間は、たまに尿検査で蛋白が出て再検査になることはありましたが、その他は特に問題はなく元気に過ごしていました。

社会人になってから慢性腎不全と診断され、すぐに血液透析導入されたとの事ですが、透析導入前の体調はどうでしたか?

松原さん
 血液透析導入の半年くらい前から体調が悪かったですね。それまでは熱を出すことなどほとんど無かったのですが、透析導入前は熱が出たり、頭痛がひどかったりしました。また、食欲が無くなるなどの症状も出ていました。当時は「仕事も変えたばかりだし、疲れているのかな?」と思っていました。


当時は透析治療というものはご存知でしたか?

松原さん
 透析自体全く知りませんでした。慢性腎不全と診断され、4月に入院し、緊急で首にカテーテルを挿入し血液透析に導入され、その後内シャントを作成しました。

お気に入り記事に登録

1   2   3   4   次へ >>

レシピエントインタビュー【移植後出産された方(女性)】

レシピエントインタビュー【親子間】