トップページ  >  移植コラム  >  薬剤師コラム  >  薬を正しく飲み続けるために【2】 ~免疫抑制剤との相互作用③ 抗生物質~

薬剤師コラム

前回は、免疫抑制剤と相互作用のあるグレープフルーツについて解説いたしましたが、今回は抗生物質について解説します。

怪我をした時や歯科治療を受けた時など、いろいろな場面で抗生物質の処方を受けることがあると思います。また、免疫抑制剤を服用して免疫状態を調整し抑えている場合は、そうでない人に比べると感染のリスクが幾分高くなるため、予防のために抗生物質の処方を受けることもあるかと思います。
今回は、腎移植を受け免疫抑制剤を服用されているみなさんが知っておくべき、免疫抑制剤と抗生物質の相互作用や腎臓と抗生物質について解説します。

【今回の内容】
(1)抗生物質とは
(2)免疫抑制剤と抗生物質の相互作用
(3)腎臓と抗生物質


(1)抗生物質とは

微生物が産生し、細菌の増殖や機能を阻害する物質の総称です。ペニシリンは青カビから作られた世界で最初の抗生物質です。それに対して、人間によって化学的に合成された薬を抗菌薬と呼びます。どちらも細菌の感染を抑える点では同義語といえます。
抗生物質は、構造や特徴によってペニシリン系、セフェム系、マクロライド系、アミノグリコシド系、キノロン系などいくつかの系統に分類されます。治療の標的細菌により適切な抗生物質を選びます。

抗生物質は、細菌感染を抑えるというすばらしい効果がありますが、適正な使い方がされないと逆に体にとって以下のような悪い作用をもたらします。

・薬剤耐性(*1)

薬剤耐性

抗生物質を服用し体内で薬剤の暴露を受けた細菌が生き残った場合、その細菌は薬剤耐性を獲得します(耐性菌)。適正な服用量や服用期間を守らなかった場合や同じ抗生物質を長期間服用し続けることで起こりやすいと言われています。
また、耐性菌に感染すると、抗生物質を服用しても体内では耐性菌だけが生き残り増殖します。
このように薬剤耐性がある場合、治療に難渋することになります。


・腸内細菌への影響

腸内細菌

ヒトの腸内には約3万種の腸内細菌が生息していると言われています。それらは悪玉菌、善玉菌、日和見菌(*2)に分類でき、バランスを取りながらある種の生態系を形成し、病気や老化から体を守っています。抗生物質の服用によりそのバランスがくずれたり、腸内フローラ(*3)が死滅してしまったりすることで有害な作用を引き起こします。なかでも移植患者さんの場合は、長引く下痢には注意が必要です。思った以上の脱水が伴うことで、免疫抑制剤の血中濃度が不安定になったり、腎臓への負担を大きくしたりします。


・感染症の遷延化

感染蔓延化

抗生物質はウイルスには効きません。また標的の細菌に対して効果のある抗生物質を投与しないと効き目はありません。それらに対し無配慮に服用を続けていると、薬の副作用だけを被る場合 があります。以前処方された薬ののみ残しや家族や知人の薬を服用する時に起こる可能性があります。


(*1)抗生物質の薬剤耐性:細菌が抗生物質に対して抵抗性を持つことにより薬剤が効かない、あるいは効きにくくなる現象のこと。
(*2)悪玉菌:一部の大腸菌、ウエルシュ菌などで健康に悪影響を与える菌の総称。
善玉菌:ビフィズス菌、カゼリ菌などの健康に良い影響を与える菌の総称。
日和見菌:一部の大腸菌、バクテロイデス属の菌などで、体内で悪玉菌と善玉菌の割合の優性な方に変化する作用をもつ菌の総称。
(*3)腸内フローラ:腸内に存在する細菌全体のこと。


(2)免疫抑制剤と抗生物質の相互作用

抗生物質の中には免疫抑制剤の血中濃度に影響を与えるものがあります。
免疫抑制剤と抗生物質の相互作用で特に注意が必要な組み合わせは、
免疫抑制剤では、タクロリムス(グラセプター®、プログラフ®)、シクロスポリン(ネオーラル®)と、
抗生物質では、クラリスロマイシン(クラリス®、クラリシッド®)、エリスロマイシン(エリスロシン®)です。

タクロリムス(グラセプター®、プログラフ®)やシクロスポリン(ネオーラル®)は肝臓の薬物代謝酵素CYP3Aで代謝されますが、抗生物質のクラリスロマイシン(クラリス®、クラリシッド®)、エリスロマイシン(エリスロシン®)は、この代謝酵素を阻害する作用があります。そのため、タクロリムスやシクロスポリンを服用中の人がクラリスロマイシン、エリスロマイシンを服用すると、タクロリムスやシクロスポリンの血中濃度は急に高くなってしまい、免疫状態はとても不安定になります。
(肝臓の薬物代謝酵素については、薬を正しく飲み続けるために【1】-薬について Part2-をご覧下さい。)


免疫抑制薬と抗生剤の相互作用


どのようなメカニズムでこのようは相互作用が起こるのかについては、少し専門的な話になりますが、クラリスロマイシン(クラリス®、クラリシッド®)、エリスロマイシン(エリスロシン®)自身も肝臓の薬物代謝酵素CYP3Aで代謝されます。代謝されて一部化学構造が変化したクラリスロマイシン(クラリス®、クラリシッド®)、エリスロマイシン(エリスロシン®)は、CYP3Aのヘム鉄と複合体を作ることで、CYP3Aは酵素として働くことが出来なくなくなります。

上記の抗生物質が移植医以外のところから処方された場合は、移植医、薬剤師にお問い合わせ下さい。上記抗生物質の服用中に、免疫抑制剤の血中濃度を測りにきていただいたり、抗生物質の変更をお願いしたりすることがあります。

なお、同じマクロライド系抗生物質にアジスロマイシン(ジスロマック®)という薬がありますが、こちらは大部分が代謝を受けず未変化体で胆汁中に排泄されるため、上記のような免疫抑制剤との相互作用の心配はいりません。


(3)腎臓と抗生物質

抗生物質の中には、肝臓での代謝を受けず未変化体のまま腎臓から排泄される薬剤が数多くあります。
腎臓の機能の低下した患者さんにとって、このような薬剤は体外へ排泄されにくく、体内の薬の血中濃度は健常人に比べて高くなります。未変化体で排泄される薬が体内に長く留まることは、効果が強く出過ぎたり、さらに副作用も強く出やすくなったりします。このことから腎臓の機能の低下した患者さんでは服用量や服用回数の調節が必要になります。
(腎臓と薬については、薬を正しく飲み続けるために【1】-薬について Part2-をご覧下さい。)

お薬としての一例をあげると
サワシリン®、パセトシン®、ケフレックス®、ホスミシン®、クラビット®、シプロキサン®・・・などなど 経口剤の一例をあげましたが、注射剤としての抗生物質の中にもこのような薬はあります。

移植医以外のところ(歯医者さんから、風邪で近医の内科さんから、耳鼻科からなど)から抗生物質が処方された場合は処方医、薬剤師にお問い合わせ下さい。


重要
しかしながら、一つ大事なポイントとして、上記のような腎臓に負担をかける薬剤であっても、病状から使うことの必要性が、腎臓への負担というリスクよりも上回ると医師が判断した場合は、これらの薬剤が使われることがあります。服用について自己判断をしないようにしましょう。


お気に入り記事に登録

堀内 淳子先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは