くすり事典

くすり事典

腎移植後には、免疫抑制薬を中心とした、いくつかの薬剤の服用が必要となります。ここでは、腎移植前後に服用する可能性のある薬剤を、その作用・効果に分けてご紹介します。

降圧薬(高血圧治療薬)

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬

商品名
【先発医薬品】カプトリル、レニベース、セタプリル、アデカット、インヒベース、ロンゲス、ゼストリル、チバセン、タナトリル、エースコール、コナン、オドリック、コバシル など
【後発医薬品】カプトプリル、エナラート、アラセプリル、シラザプリル、リシノプリル、ベナゼプリル塩酸塩、イミダプリル塩酸塩、テモカプリル塩酸塩、トランドラプリル、ペリンドプリル など
この薬の作用
・アンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害して、血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡの生成を抑えることにより、血圧を下げます。
・尿蛋白、尿中アルブミン減少、腎保護作用があります。
・糖尿病および尿蛋白陽性の慢性腎臓病(CKD)に伴う高血圧の第一選択薬となっています。
・慢性腎臓病(CKD)に対しては、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)と同等の保護効果と考えられています。
この薬の主な副作用・使用上の注意点
・ブラジキニン(血管拡張作用のあるオータコイド)の分解阻止による咳が出ることがありますが、服用中止により消失します。
※オータコイド:生体内で局所的に生成されて作用する生理活性物質のうち、ホルモンおよび神経伝達物質以外のものの総称。
・妊婦・授乳中、アリスキレン(商品名:ラジレス)投与中の糖尿病には禁忌です。
・ARBとの併用は、腎障害や高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあります。
・糖尿病治療薬であるDPP‐4阻害薬との併用で、血管神経性浮腫が増加するおそれがあります。
このような症状に気づいたら、また上記以外でも気になる症状が出た場合は、担当の医師または薬剤師に相談してください。


参考:今日の治療薬2019

<監修>
北里大学病院 薬剤部 小林 昌宏先生
薬の服用内容は、患者さん各々の状態によって異なりますので、必ず担当の医師または薬剤師の指示に従ってください。

その他の薬を見る

腎移植病院情報~全国の病院を紹介します
アクセスランキング

※直近6ヶ月間(2020/8/25〜2021/2/25)の新規掲載記事の中から、直近1週間で最も読まれたトップ3を表示しています。