くすり事典

くすり事典

腎移植後には、免疫抑制薬を中心とした、いくつかの薬剤の服用が必要となります。ここでは、腎移植前後に服用する可能性のある薬剤を、その作用・効果に分けてご紹介します。

降圧薬(高血圧治療薬)

カルシウム(Ca)拮抗薬

商品名
【先発医薬品】ノルバスク、アムロジン、ランデル、アテレック、ペルジピン、バイミカード、バイロテンシン、アダラート、アダラートL、セパミットーR、アダラートCR、ニバジール、ヒポカ、スプレンジール、コニール、カルスロット、カルブロック、サプレスタ、ベック など
【後発医薬品】アムロジピン、シルニジピン、ニカルジピン塩酸塩、ニソルジピン、エカテリシン、ニフェジピン、ニフェジピンL、ニフェジピンCR、ナフトジール、フェロジピン、塩酸ベニジピン、マニジピン塩酸塩、アゼルニジピン など
この薬の作用
・カルシウム(Ca)拮抗薬は、血管の筋肉に対するカルシウムの働きを抑えることで、血管の筋肉の収縮を抑えて、末梢血管や冠動脈を広げて血圧を下げたり、狭心症の発作を予防したりします。
・尿蛋白が陰性の心血管疾患リスクが高い慢性腎臓病(CKD、腎硬化症)では、第一選択薬に推奨されています。また、ACE阻害薬やARBと併用、あるいは第三選択薬としてACE阻害薬/ARB+利尿薬と併用されます。
この薬の主な副作用・使用上の注意点
主な副作用として、動悸、頭痛、ほてり感、浮腫、歯肉肥厚、便秘などが報告されています。このような症状に気づいたら、また上記以外でも気になる症状が出た場合は、担当の医師または薬剤師に相談してください。


参考:今日の治療薬2019


<監修>
北里大学病院 薬剤部 小林 昌宏先生
薬の服用内容は、患者さん各々の状態によって異なりますので、必ず担当の医師または薬剤師の指示に従ってください。

その他の薬を見る

腎移植病院情報~全国の病院を紹介します
アクセスランキング

※直近6ヶ月間(2020/8/25〜2021/2/25)の新規掲載記事の中から、直近1週間で最も読まれたトップ3を表示しています。