くすり事典

くすり事典

腎移植後には、免疫抑制薬を中心とした、いくつかの薬剤の服用が必要となります。ここでは、腎移植前後に服用する可能性のある薬剤を、その作用・効果に分けてご紹介します。

免疫抑制薬(内服薬)

イムラン

イムラン

イムラン錠50mg

イムラン

イムラン

一般名
アザチオプリン
製薬会社
グラクソ・スミスクライン株式会社
この薬の作用

核酸合成を阻害することにより免疫抑制作用をあらわします。臓器移植後の拒絶反応を抑えることによって、移植した臓器の生着を促し、移植した臓器の機能を発現しやすくします。

この薬の効果

通常、臓器移植(腎移植、肝移植、心移植、肺移植)における拒絶反応の抑制に用いられます。

この薬の主な副作用

肝障害、骨髄抑制など


各お薬には副作用があります。医師は薬の有効性を最大限に生かし、副作用を最小限にとどめるように血中濃度を調節しています。勝手に服用をやめたり、量を減らしたりすることは、薬の有効性と副作用のバランスをくずしてしまいますので、必ず医師の指示に従ってください。

次のような方は使う前に必ず医師と薬剤師に伝えてください

    ・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。白血球が3000/㎣以下である。骨髄機能抑制、感染症、出血性素因、肝機能障害、腎不全、水痘がある。
    ・妊娠または授乳中
    ・他に薬を使っている(お互いに作用を強めたり、
    弱めたりする可能性もありますので、市販薬も含めて他に使用中の医薬品に注意してください)

生活上の注意点

日光や紫外線による皮膚がんの危険性を避けるため、日焼け防止用の衣類や日焼け止めを使用し、日光や紫外線を避けるようにしてください。
骨髄機能の低下や、肝機能障害などの重篤な副作用があらわれることがあります。飲み始めは原則として1~2週間に一度、その後も頻回に血液、肝臓、腎臓などの働きを調べることがあります。本人あるいはパートナーがこの薬を使用している間は妊娠しないように注意してください。また、この薬を使用している間に妊娠がわかった場合にはすぐに医師に相談してください。
妊娠を希望する場合にも医師に相談してください。

併用禁忌(※1)

    ○生ワクチン(乾燥弱毒性麻しんワクチン、乾燥弱毒性風しんワクチン、経口生ポリオワクチン、乾燥BCG等)
    ○フェブキソスタット(フェブリク)

    (※1)飲み合わせの悪い薬です。併用した場合、作用の減弱、副作用の増強などを引き起こすおそれがあります。

その他の薬を見る