くすり事典

くすり事典

腎移植後には、免疫抑制薬を中心とした、いくつかの薬剤の服用が必要となります。ここでは、腎移植前後に服用する可能性のある薬剤を、その作用・効果に分けてご紹介します。

免疫抑制薬(内服薬)

メドロール

メドロール

メドロール錠2㎎

メドロール

メドロール錠2㎎(包装)

メドロール

メドロール錠4㎎

メドロール

メドロール錠4㎎(包装)

一般名
メチルプレドニゾロン
製薬会社
ファイザー株式会社
この薬の作用
体内でつくられる副腎皮質ホルモンと同じ作用をもち、体内で不足している副腎皮質ホルモンを補います。
この薬の効果

通常、内科・小児科疾患ほか各科の炎症性疾患やアレルギー症状などの治療に用いられます。

※急な服用中止は症状の増悪をまねくことがあります。医師の指示に従って減量及び中止をしてください。

この薬の主な副作用・使用上の注意点

主な副作用として、頭蓋内圧亢進、うつ状態、糖尿病、緑内障、カポジ肉腫などが報告されています。このような症状に気づいたら、また上記以外でも気になる症状が出た場合は、担当の医師または薬剤師に相談してください。

※薬には効果だけでなく副作用があります。医師は薬の有効性を最大限に生かし、副作用を最小限にとどめるように用法・用量を調節しています。勝手に服用をやめたり、服用量を減らしたりすると、薬の有効性と副作用のバランスをくずすおそれがあります。必ず医師の指示に従って服用してください。 気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

次のような方は使う前に必ず医師と薬剤師に伝えてください
    ・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。感染症、真菌症にかかっている、消化性潰瘍、憩室炎、精神病、結核性疾患、単純疱疹性角膜炎、後嚢白内障、緑内障、高血圧症、血栓症である、最近内臓の手術をした、急性心筋梗塞を起こしたことがある。
    ・妊娠または授乳中。
    ・他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。
生活上の注意点
・過度な運動などストレスをさけるように注意してください。
・水疱瘡または麻疹にかからないように注意してください。
併用禁忌
    併用禁忌:飲み合わせの悪い薬です。併用した場合、作用の減弱、副作用の増強などを引き起こすおそれがあります。
    ・生ワクチン又は弱毒生ワクチン(乾燥 BCGワクチン等)


    参考:メドロール錠2mgくすりのしおり(2014年11月改訂)
       メドロール®錠2mg、4mg添付文書(2016年9月改訂)



    <監修>
    北里大学病院 薬剤部 小林 昌宏先生
薬の服用内容は、患者さん各々の状態によって異なりますので、必ず担当の医師または薬剤師の指示に従ってください。

関連するコラム

その他の薬を見る

腎移植病院情報~全国の病院を紹介します
アクセスランキング

※直近6ヶ月間(2024/1/22〜2024/7/22)の新規掲載記事の中から、直近1週間で最も読まれたトップ3を表示しています。