トップページ  >  移植コラム  >  ドクターコラム  >  腎移植を受けて活躍したプロスポーツ選手たち【5】

荒木 元朗先生 コラム

腎移植は少量の免疫抑制薬の継続的服用のみで、健常者と同様な生活が送れる理想的な腎不全の治療です。腎移植を受けると透析と比べさまざまな制約が軽減されます。今回はその1つであるスポーツを取り上げたいと思います。

透析中にスポーツができないというわけではありません。ただ水分管理は困難ですし、血液透析の場合、シャントからの出血があれば命に関わる大出血につながります。透析を受けながら激しいスポーツを行うのは困難です。

腎移植を受けてプロスポーツの選手として活躍した、また活躍中の選手を紹介するシリーズ、第5回目の今回は、ロンドンオリンピックの110メートルハードルの金メダリストであり、同種目の世界記録保持者でもあるアリエス・メリット選手です。




5.アリエス・メリット(Aries Merritt)

アリエス・メリットはアメリカのハードル走の選手です。2012年8月のロンドンオリンピックの110メートルハードルの金メダリストで、ロンドンオリンピック後の2012年9月7日 ベルギーで出した12秒80の記録は2019年7月現在、破られていません(世界記録保持者)。

彼はベストシーズンだった2012年の翌年、2013年8月のモスクワの世界陸上の前から体調不良を感じていたようです。モスクワ世界陸上後、疲労感、腹部症状、嘔吐、浮腫が出てきたため受診し、巣状分節性糸球体硬化症(FSGS)という腎臓病と診断されました。彼は、「もう二度と走ることはできない、普通に食事をすることもできなくなるだろう」と言われ、大変失望したようです。奇跡的に腎機能は一時的に改善したものの、2015年には末期腎不全状態となりました。

そして2015年9月1日、彼が30歳のときに7歳年上の姉ラトーヤさんをドナーとした先行的生体腎移植を受けました。術後の経過は良好で、腎移植の8週間後にトレーニングを再開しましたが、移植腎周囲に血腫ができ、再び手術を受けました。その後、2015年12月19日に練習を再開し、1カ月半後、インドアレースに出場。その時点で世界3位となりました。手術から10カ月後、リオオリンピック代表選考会では惜しくも3位に0秒01差の4位で、五輪連覇の道は閉ざされました。
しかし彼は諦めず、2017年に再びロンドンの世界陸上決勝の舞台に立ちました。この時の結果は5位でした。 2019年6月現在、彼は競技を続け、多くの人に勇気と感動を与えています。


この投稿をInstagramで見る

Forever Changed #OlympicDay

Aries Merrittさん(@amhurdlestar)がシェアした投稿 -


アリエスメリット2

手術を受けたメイヨ―クリニック(アリゾナ分院)のホームページより
手をつないでいるのはドナーである姉のラトーヤ


アリエス・メリットの腎移植ストーリー(動画には音声が含まれています。再生の際にはご注意ください。)





【患者様のご紹介・お問い合わせ】
荒木元朗 (腎移植チーフ)
山下里美 (腎移植コーディネーター)
有森千聖 (腎移植コーディネーター)

お問合わせ: 岡山大学病院 移植コーディネーター室
 Tel: (086)235-6965
 Fax: (086)235-7631

地域連携(Tel 086-223-7151, Fax 086-235-7744)で腎移植紹介と言っていただいても、金曜日の荒木医師の予約となります。
また直接、荒木医師に連絡を取りたい方は下記にお願い致します。
泌尿器科医局(直通):086-235-7287(FAX 086-231-3986)


◎腎移植について詳しく話を聞きたい方へ
岡山大学病院看護部では4名の移植コーディネーターを配置しております。
移植コーディネーターとは、移植を受けられる患者さまと移植チームの橋渡しをする、移植医療の調整役です。腎移植に関する素朴な疑問や質問など、お気軽にお問い合わせください。いきなり医師に話を聞くのは気が引けるといった方の相談にも応じています。

◆ 岡山大学泌尿器科 ホームページ

お気に入り記事に登録

荒木 元朗先生 過去のコラム

この記事を見た人が読んでいるのは