ミニアンケート

ミニアンケート

腎移植者が日頃気になる素朴な疑問について、MediPress読者の皆さんにアンケート形式でお聞きしています。
ぜひ、ご回答ください!

2016.07.01

移植後、車のシートベルト着用の際、移植腎に対して特に気を付けていることはありますか?

回答者数:160人

73%

普通にシートベルトを着用している(移植腎は特に気にしていない)

4%

移植腎がある部分にタオルなどを挟んで、シートベルトを着用している

17%

移植腎がある部分に腰ベルトがかからないように、少しずらして着用している

4%

その他(フリーコメントにご記入ください)

コメント

  • ・自分の車はシートベルトを緩めに固定して着用しているが、他の車の時はずらして着用している。
  • ・シートベルトが少し緩むような、止め金具を装着して、圧迫しないようにしています。
  • ・移植後1年経っていないため、まだ移植腎に違和感があります。余計にシートベルトが辛いので、タオルやセーターを丸めて挟みます。
  • ・移植後1年間は、シートベルトはつけるものの、両手で握ってお腹に当たらないようにしました。
  • ・膵腎移植なので、移植半年過ぎからシートベルトはつけましたが、両手で握って身体から浮かせていました。 5年過ぎからは気にしなくなりました。
  • ・移植後半年以内の頃、傷の場所にシートベルトが当たって、気になって仕方なかったので、右手でベルトを持って浮かして運転していたら、たまたまシートベルト着用違反者の取締りをしていた警察官に止められて、ショックで落ち込んだ経験があります。
  • ・ベルトに洗濯ばさみをとめて移植腎を圧迫しないようにしている。
  • ・ベルトがキツキツに締まらないように、洗濯ばさみをストッパーにしている。
  • ・シートベルトの上部に大きいクリップをつけてシートベルトに余裕をもたせ移植腎を圧迫しないようにしています。
  • ・シートベルト用固定器具を使用して少し緩ませている。

過去のミニアンケート結果